読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人目よくらむ

雑記です

ハイバイ「ワレワレのモロモロ」感想(ネタバレあり)

初日(20161210)見てきました。

今回はオムニバス形式ということだったので、それほど重くてツラいものではないだろうと高をくくっていたのですが、そんなはずがなかった。ハイバイらしさとも言うべきなどぎつい人間ドラマが描かれていました。それもそのはずで、出演者のツラい体験談を再現ドラマにしているので、リアルに演じられるほどツラくなるのは当然とも言えます。

 

以下、備忘用のあらすじと感想

(細部に記憶違いの可能性あり)

 

ほほえみのタイ (上田遥)

能天気な女友達とタイ旅行に行って大変だった話。最後まで見た後になると、これ(と良々)はそれほどツラい話ではなかったのですが。まあ海外旅行って、ちょっとしたトラブルでも「異国の地でどうして良いか分からず立ち尽くす」経験になったりするので、演じられた以上にツラみとか焦りはあっただろうなと思う。けどわりかしコミカルに描かれていて、後で思うと「ツラい話だったっけ?」と思い返す程度のエピソードでした。川面さんのキャラが相変わらず良い。

 

トンカチ  (池田亮)

学校でいじめられ、家では中間管理職の母親に虐げられていたエピソード。父親のAVを見るシーンの、左右から喘ぎ声が聴こえてくるのが楽しい。あと、「ハイバイドア」的な小道具として登場したぶら下がり健康器具(?)の使い方が素晴らしかった。舞台上の表現の幅を気持ちよく広げてくるなあと思った。

 

おやじとノストラダムス荒川良々

良々(の役の平原テツさん)がカジュアルに手淫をしているところから始まる。深夜に酔っ払った父親(良々)が帰ってきて、良々(テツさん)を起こして説教を始める。一瞬、岩井さんのお父さんのような理不尽な説教が始まるのかとヒヤリとしたが、ゴキゲンで迷惑な酔っぱらいの戯言にとどまったのでホッとした。手淫をした後のお腹のあたりをしばしば気にする描写など、細かい演技も忘れない。後半は舞台を学校に移してコックリさん。ツラい話ではなかった。

 

いとこの結婚(平原テツ)

仲の良い従姉妹(川面さん)が、50代のバツイチおっさん(良々)との結婚を決めた。最初、良々が客席に近いところのスポットライトが当たらない辺りで積もる話を始めて軽く笑いを誘う。「おっさんが生命保険の受取人を前の奥さんから自分に変えてくれない」という話からだんだんおっさんの本性が現れていく。おっさんの闇が深すぎて怖い。

 

深夜漫画喫茶 (師岡広明)

池袋で一番安い漫画喫茶の深夜バイト。起こっていることも店員の態度も異様なことばかりなのに、何故か全てに説得力がある。深夜の漫画喫茶って本当に「こういうヤバい人がいそう」な空間であり、実際居るのだろうと思う。構成も秀逸。不条理を笑い飛ばすようなダンスもかっこいい。

 

山、ねずみ、カメ(岩井秀人)

某国に住んでいる親戚を訪ねていく話。団欒もピクニックも、全てが監視員の監視の元で行われる。もらったお土産は、手紙も含めて全て保安検査で没収されてしまう。見つからないように下着にくるんで持ち込んだお土産の瓶、その中身は。監視員がだんだん岩井さんの父親にみえてくるのはハイバイマジックとでも言うべきか。

 

「て」で起こった悲惨(永井若葉)

「虐げられてそうな顔」もヒドいが、もっと悲惨な展開が始まる。

岩井さんが菅原永二さんの役を務める地方公演の稽古にて。クジで配役を変えて流れを確認する稽古をしようと言い出し、始まる。岩井さんは「流れの確認だけ」と言いながらも、完璧な演技を求めて苛立ち始める。極度のストレスと喉への負担で永井さんが大変なことになる。 自分もあれと同じ症状を、声楽の授業中に目の当たりにしたことがあったのでその時の記憶が蘇った。本当に悲惨。

 

きよこさん(川面千晶)

キャバクラバイト時代の壮絶な先輩キャバ嬢のエピソード。しかも先輩キャバ嬢役は平原テツさんという…。キャバ嬢ドレスを雑に着たテツさんの衝撃的な見た目に出オチ感満載で始まるものの、最後には可愛らしくさえ見えてくるほど、きよこさんの人情味溢れる様が演じられている。

 

涙もろいのか、ハイバイ見たあとはだくだく泣いてることが多い自分ですが、今回のはそこまで深く感情を揺さぶられることもなく、清々しく見終えることができました。

とはいえ、それは一つ一つの話が短くまとめられているからなだけであって、それぞれを深く掘り下げられていたらやられていたであろうことは間違いない。それほどに、作者一人ひとりのツラさが直に伝わってくるような脚本と演出でした。

 

自分が一番好きだったのは深夜漫画喫茶かな。10年くらい前に自分も新宿の最安漫画喫茶に泊まることが割とあったので、あの感じはすごくよく分かる。 あのおかしな空間に居たら客も店員もどうかしてしまいそう、そういう鬼気迫る感じが見事に、コミカルにシニカルに描かれていたと思いました。

 

まだ見ていないハイバイ作品のDVDがあるので年末年始でちょっとずつ見ていきたいものです。